借り入れ

手形割り引きできるようにいざというときに備えて枠を作っておこう

年末である12月末は毎年資金繰りに困る人が多いです。

ボーナスも出ますし年末にはいろいろ物入りになりやすい時期かと。

 

銀行員時代、この年末に残念ながら資金繰りが回らず倒産してしまう会社もありました。

なので年末に向けて資金繰りに不安がありそうな会社には一声をよくかけていました。

 

今もお客様から資金繰りが回らなそうというご相談をうけており至急銀行に打診し交渉している最中です。

その会社は建設業であるため手形をよくもらっています。

その手形を割り引くという交渉ですが資金繰りの不安が少しでもあるならば

事前に手形割り引きの枠を銀行に依頼し作っておくことをオススメします。

 

枠

いざというときに枠を作っておくことのメリット

いざという備えは大事です。

備えあればうれしいなってことで。

 

特にいまは資金繰りで問題はないとしても

資金繰りで問題が起きたときでは借り入れが間に合わないかもしれません。

最悪の場合借り入れができない可能性もあります。

 

借り入れできなかった! 残念! また明日!!

ではすみません。。。

 

銀行はあなたの会社が困ったときにお願いすると借りにくく

困っていないときに銀行からのお願いにより借りようとすると借りやすいです。

 

追えば逃げられる、いかに行くより待つか、、、

男と女のかけひきみたいですね(男女関係はくわしくわかりませんが。。。)

 

資金繰りはギリギリで攻めるのではなくある程度の余裕は必要かと。

(利息はかかりますが、いまは金利が安いですし銀行からのお願いで借りる場合

通常よりも低い金利で借りやすいです。

また会社としても借りる必要があまりないため借りなくても良いという余裕があり、

ゆっくり他の銀行と相見積もりもとりやすいのもあります)

 

資金繰りはいつどうなるかわかりません。

 

 

資金繰りが悪くなるときは業績が悪いときだけになると思っていませんか?

業績が良くなるときも資金繰りが悪くなるときもあるんです。

 

 

それはなんだと思いますか?

 

それは建設業などの業種に起こることが多くとくに手形を使っている業界によく起こります。

実は売り上げがあがればあがるほど資金繰りが悪くなるケースがあります。

 

というのも売り上げがあがるにつれて通常必要な材料や人が増えます。

売り上げがあがった分だけ現金ですぐに口座に入金があるなら資金繰りの問題がありません。

 

しかし売り上げは末締めの翌月末の入金など、売り上げたあとにすぐに入金があることが少ないです。

その入金がある前に材料、給料、外注費などの経費の支払いが来ることが多いです。

 

そうすると売り上げがあがるとその分経費も増えますが、その増えた分の経費をまかなうための

入金は経費の支払いよりも遅く入金されることがあるのです。

 

たとえば売り上げ100万円に対して経費が80万円かかるとします。

売り上げは翌月の末に入金されますが、支払いは翌月の20日となっていた場合

入金までの10日分のお金が足りません。。。

 

通常手持ちがあるため一度お金が回り出すと回るかなと。

しかしこれが売り上げが増えてくると大変です。それに伴う経費が増えてくるのです。

まだ売り上げが翌月末に現金で口座に入金されるなら良いです。

 

これが手形で受け取っていたらどうでしょう。

売り上げ100万円が当月末で同額の100万円の手形に変わり、しかもその手形の期日が3ヶ月後と

なっていたら、3ヶ月まで現金の入金がありません。。。

 

売り上げが急増し経費も急増すると売り上げと利益が増える嬉しい悲鳴になりますが、

資金繰り的には悲しい悲鳴になります。

喜劇ですが悲劇です。

 

銀行ではこういった資金繰りが悪くなることによりお金を貸すことは

増加運転資金といい前向きな資金需要なので好意的には貸してくれます。

しかし絶対借り入れができるという保証はないのです。

 

そんなときに備えて手形をもらっているならば

銀行に手形割り引きするための枠を用意してもらいましょう。

 

通常銀行へは取り立てということで早めにお金にするのではなく預けているだけかと。

その手形の一部をなにかあるときにすぐに現金化できるような枠は必要です。

(あ、いちおう説明しておくと

支払期日まで手形の入金を待つのが「取り立て」

支払期日まで待たず銀行に現金化してもらうのを「割り引き」といいます。

手形の割り引きは借り入れと同じ意味であり、割引料=利息がかかります。)

 

いつももらっている手形の金額にもよりますが月の経費の1〜2ヶ月分の枠があれば十分です。

(売り上げが1〜2ヶ月なくても存続できる金額)

 

困った時につど手形の割り引きをお願いする個別対応もできますが枠にしましょう。

つど手形の割り引きだと1回1回審査がありますし、その審査が落ちることもあります。

時間もかかりますしね。

 

でも枠だとその枠の範囲内(たとえば1,000万円)であれば何回でも手形を割り引くことが

できますし、個別の審査もなくすぐにお金が入金されます。

(ちなみに、枠のことを銀行では極度(きょくど)といいます)

 

手形の割り引き枠があり使っていないと銀行からお願い営業がありますが

お守りとしての安心維持手数料としてたまーにでもいいので使ってくださいね。

 

もし本当に使わなさすぎると枠を用意する銀行内で説明がつかず枠の閉鎖を迫られます。。。

(けっこう銀行では使っていない枠のチェックってあるんです。

そのたびに

使ってもらう推進枠である!

って銀行内で説明するのが意外に面倒なんですよ。。笑)

 

 

電子債権だともっとラクになる

電子債権って聞いたことあります?

その名のとおり、電子の債権です。

 

最近だと大手さんがよくやっていますかね。

手形を電子化しそれを発行するのです。

 

紙の手形に比べて1番のメリットは発行する側にとって印紙税がかからないことです。

大手だと金額が大きな手形を発行することが多いです。

たとえば1億円の手形の場合、印紙税は2万円もかかります。。。

 

これが電子化し電子債権として発行するときは印紙税がかかりません。

 

 

いっぽう、手形をもらう側のメリットってなんでしょうか。

 

それは手形を割り引きをする金額を必要な金額だけにすることができるのです。

というのも紙の手形は発行された時点で1枚、1枚すでに金額が決まっています。

その1枚ずつの金額で割り引きするのか決めるのです。

たとえば1,000万円の手形が2枚あるならば1,000万円割り引くか、2,000万円割り引くかしか選べません。

 

しかし電子債権となれば合計金額である2,000万円から300万円だけ割り引くことができるため

資金の効率化ができるのです。

 

うーん、便利!

 

また盗難、紛失の心配もなく保管の手間もかかりません。

 

結構いいことづくめなのでもし取引先とのやりとりで電子債権も選べるようなら

ぜひ電子債権を選んでみましょう。

 

当座貸越をねらってみる

いざとなったときように備えるということでしたら当座貸越もオススメです。

当座貸越というのは簡単にいうとクレジットカードみたいなイメージで

借り入れの枠を用意してもらいその枠の範囲内であれば何度でもすぐに借り入れることができるのです。

 

うーん、便利!

 

当座貸越についての詳しい説明は以前書いたこちらをチェックしてみてくださいね。

当座貸越はとっても便利! クレジットカードのように銀行借り入れができますよ

 

当座貸越の枠を作れるようになれば銀行との関係はすごく良い関係です。

(いや、ほんと、、、当座貸越の枠って簡単に作れないんですよ、、、銀行員としては、、、、

リスクも結構ありますしね)

 

業績良くなったな!

銀行との関係も良好だな!

 

というときは当座貸越の枠を打診してみても良いですね。

 

【編集後記】

今日はクリスマスイブですね。

僕は奥さんとクリスマスデートとしてアイススケートに行ってみました!

アイススケートははじめてです。

アイススケートってクリスマスデートっぽくて、、、つい笑

 

めっちゃくちゃな人でした。。。

大混雑!

いや、ほんとに、、、

 

人が多すぎてまともになかなか滑れないです。

慣れないところに行くべきではありません!笑

ピックアップ記事

  1. 税務調査きますよ、これではベスト3!税理士が語る確定申告はここに気をつけろ!
  2. 外注費を給与だ!といわれないための注意すべき4つのポイント
  3. 本日税理士として独立開業しました!ひとつしかない独立日、その日にこれからの想いを…
  4. 社会保険をコストだけとは思わない。メリット、覚悟を決める
  5. 税理士開業してやっておいた方がよい3つのこと〜独立して1年がたちました!〜

関連記事

  1. 絶対はバツ

    借り入れ

    借り入れに「絶対」はあるか。少しでも確率をあげるため手を打ちつづけます!

    借り入れの相談を受けているときに、たまにこんなことを聞かれます。…

  2. 借り入れ

    資金繰りが苦しくなるかも! 輸入のL/Cをつかうときの注意点

    日本だけではなく海外とのとりひきを増やして仕事をしていこうというひとは…

  3. 仮払金
  4. 教育
  5. 資金調達

    借り入れ

    いまさら聞けない!創業期から始める資金調達まとめ

    会社を設立した創業から数年間は銀行からの営業が少ないです。&n…

  6. とまれ

    借り入れ

    一度断られた借り入れの申し込みはこうして再チャレンジするべし!

    借り入れの申し込みをしたときにかならず申し込み金額全額が借り入…

最近の記事

  1. ケーキ
  2. サービス
  3. 行列
  4. 青色白色

今日の注目記事

  1. とまれ
  2. まってます
  1. レシート

    日常

    レシート整理はこれで決まり。そもそも保管しないということまで考えてみる。
  2. tax2

    税金

    まだ銀行窓口で納税しているの? 最新電子納税方法まとめ
  3. サービス

    サービス

    無形のサービスを有形化して価値を出す
  4. チェック2

    借り入れ

    まずはこれだけはチェックして! 5つの創業借り入れ事前チェックポイント!
  5. サービス

    ローソンの「プレミアムロールケーキのクリーム」から考える売上アップ、マーケティン…
PAGE TOP