人材

人材採用は広告宣伝と一緒!自社の魅力をアピールしよう

またお聞きしました!

 

よくある悩みの代表選手

「人材不足」です。

 

こうもいろいろな社長から人材不足の話を聞くと

どこに人は行ってしまったのか、、、

 

と考えてしまいます。

 

特に感じるのが専門的な仕事に対する人材不足です。

正直事務職を希望する人は多いです。

 

しかし専門的な仕事はハードルも低くないこともあり人がいません。

どうやったら欲しい人材を採用できるのでしょうか。

 

それは求人ページを広告宣伝と同じと意識しているかどうかによって変わってくるのです!

 

求人

自社の魅力を商品として宣伝せよ!

まずはタウンワークを見てましょう。

 

どこも似たよったものばかり、、、

これでは働きたい人はどこに応募したら良いかわかりません。

 

一度自社の求人ページを見直してみてください。

 

求人ページをただ欲しい人材募集ページとしていませんか?

 

欲しい人材はこうだ、として自社の魅力は伝えきれていますか?

 

求人は自社の魅力を伝えることが重要。

 

 

自社の魅力を商品としてお客様(仕事を求めている人)に提供するのです。

たとえば自社の商品を売る時はどうお客様に売りますか。

一生懸命その人が何を求めているのか考えますよね。

それと同じです。

 

自分が欲しい人材は前提としてありつつも

その人材に対して自社がどう魅力的なのか、どう素晴らしいかを伝えてみましょう。

 

え?

求人ページはそんな分量がないから書ききれない?

 

ならばあなたの想いを存分に書けるHPにお客様を誘導しましょう。

 

HPに誘導するならURLを書いておくだけではなく、

 

QRコードを記載しておく

検索で引っかかりやすい簡単な言葉を明記しておく

(例:〇〇で検索!)

 

といったあなたの会社に興味を持った人が簡単にHPに辿り着けるように

工夫することが大切

 

人ってめんどくさがり屋さんが多いです。

いかに簡単に誘導して逃さないようにするか、、、

自社商品販売と一緒ですよね。

 

HPを充実させよう

あなたのHPになんとかお客様を誘導することができました!

まだまだ仕事を探している人はあなたの会社に応募しようか悩んでいます。

 

あと一歩です。

 

その会社で働きたいな

と思う人はまずその会社がどんな会社なのかをインターネットで調べます。

そこであなたの想いを訴えるのです。

 

是非求人の特設ページを作ることもオススメします。

特設ページがあるならその会社は求人に力を入れているのがわかります。

 

でも特設ページという箱を作っただけでは応募にはいたらないです。

 

たとえば

 

その会社に就職しても大丈夫

という安心感を与えることができれば応募の障壁は下がります。

 

では安心感をどうあたえれば良いでしょうか。

 

あなたの会社がどんな会社なのか

あなたの会社に勤めている人はどんな人がいるのだろうか

 

といった見える化がいいのでは。

このことに限らず、自分の想像がつかない部分は不安になります。

未知との遭遇は怖いですもんね。

 

スタッフ紹介や先輩社員からのメッセージ

先輩社員の1日

 

などなどあなたの会社に関することを是非紹介して見ましょう!

仕事を探している人からのよくある質問事項を並べたQ&Aコーナーを作ってもいいでしょう。

 

いかに丁寧に仕事を探している人のことを考え、

かゆいところに手が届くようなサイト作りが良いです。

 

ビジョンの提示は大切です

HPに掲載する求人の採用ページで他に重要なのはその人があなたの会社に入った後、どのようなステップを踏むのか、ということです。

 

その会社に入ってどうなるのか、というのは仕事を探している人にとってとても重要です。

せっかくの就職ですから自分のやりたいことができるのか、自分が進みたい道にいけるのか、

給与はどうなっていくのか知りたくなります。

 

入社何年目にこうなる!

といったステップアップのモデルケースを見せるのもいいでしょう。

 

どんなポストがあり、どんな人を求めているかを記載しても良いかと。

 

要は入社してからどうなっていくのか

具体的な事例で説明していくとよりその会社に入社している自分を

イメージすることができ応募をしてみよう!

と思ってくれるのです。

 

【編集後記】

残り今年もわずかになってきました

良いお年を

という挨拶をされ実感してきました。

ゆっくりするにはもう少し頑張らなきゃいけません。

今年のラストスパートです!

ピックアップ記事

  1. 一度断られた借り入れの申し込みはこうして再チャレンジするべし!
  2. え?これも給与になるの?ただわたすだけでは危険がいっぱいなんです。。。
  3. 社長のためのスピード仕事術 いかに仕事を早く手放すかを意識する
  4. 成長スピードは意識の違い。常に進化しつづける。
  5. 紹介をうけて仕事を増やしたい方必見!紹介が自動的に増える5つのコツ

関連記事

  1. お金の出費

    人材

    人ひとり雇うと思った分の1.3倍のコストがかかることを意識して雇う!

    仕事をしていて忙しい!と感じるとすぐに思いつくことは「人を雇い…

  2. トライアンドエラー

    人材

    人材教育はトライアンドエラーでどんどんチャレンジさせる

    いま事務所のHPを作っています。ワードプレスで自作をしているのですが初…

  3. 人材

    社会保険をコストだけとは思わない。メリット、覚悟を決める

    せんじつ飲み会で個人事業主のときでもあえて社会保険に加入していた、…

  4. 人材

    人を雇えるかどうかは『粗利-経費』で確認しましょう

    お客様と打ち合わせをしてよくある質問のひとつに人を雇いたいんですけれど…

最近の記事

  1. 青色白色
  2. チェックポイント
  3. 炎
  4. 桜
  5. 新年

今日の注目記事

  1. ガイドブック
  2. 保存
  3. 物件情報
  4. チェックポイント
  1. 調査!

    税務調査

    あなたでも明日からできる税務調査対策!親切になりすぎずいかに時間を稼ぐか
  2. 表紙

    謎解きゲーム

    謎解きゲーム「歌舞伎町探偵セブン」の感想とミート屋パスタとの出会い
  3. 危険

    意識していること

    クレームはぼやで消せ!クレームにならないように早めに見つける3つの方法
  4. 見方を変える

    意識していること

    ブログのネタに困っている? それならいろいろな視点で考えてみよう!
  5. 紹介

    営業

    紹介をうけて仕事を増やしたい方必見!紹介が自動的に増える5つのコツ
PAGE TOP