税金

車は会社名義に変更、又は会社へ貸して経費にするのを忘れずに!

車両

 

最近都内ではカーシェアリング、レンタカーが増えてきて、

電車やバスの交通網も発展しているため、車を持たない家庭や会社が増えています。

(ちなみにうちも車を持っていません。実家には車はあったのですが、1年に1回くらいしか

使っていなかったので既に売却しました。小さな子供がいると違うのかもしれませんが。。。)

 

そんな車ですが、持っているなら仕事で使っていますか?

使っているなら経費にしましょう!

ここでは主に個人で保有している車を会社の経費にするには、どうすれば良いかをお伝えします。

 

個人名義の車を会社へ売却

まず一つ目の方法ですが、会社を設立する前に保有している車を会社へ売却する方法です。

売却する方法は簡単です。

車を会社名義に変更し、会社と売買契約を結んでください。

売買契約書は特に決まりがないため、googleで検索したひな形でOKです!

車を会社名義に変更した場合、任意保険も会社名義に変更しなければならなくなります。

そうするとせっかく無事故無違反で頑張って等級が良くなっているものがリセットされてしまいます。。。

 

会社へ売却することによりその車の減価償却費や車検代、自動車税等を経費にすることができ、

とってもお得です。(もちろん、仕事で使うからですよ!)

 

一方デメリットとしては、その車を会社に売却した場合、会社のものになります。

1、2年の短い期間のうちに車を買い替えようと考えている場合は注意しましょう。

と、いうのも車を売却した際に発生した売却益は会社の利益となります。

せっかく会社で経費にしたのに、売却したことによって会社の利益になってしまっては元も子もありません。。。

そのまま個人名義であったなら、その売却して得した金額はすべて個人のものなのに。。。

(ほとんど価値のないもの、廃車するまで乗り続けようとしているならば大丈夫です。

また、車を売却したことにより会社の利益が出るとしても、本業で赤字の場合には相殺することもできます。

売却益が出そうな車の売却を考えている場合は売却時期は慎重にしましょう)

 

そして、売買契約を結ぶ際の車の価値の算出方法は2種類あります。

①車を購入した際の価格を会社へ売却した時まで減価償却をして価値を算出

個人で車を購入したときから会社へ売却するまでに時間がたっているかと思います。

その時間分、車の価値が下がっているということで減価償却という価値の減額分を計算し、

当初購入した車の価値からその減価償却分を引くのです。

その詳しい減価償却の方法はプライベートで保有していた車なのか、

それとも個人事業主時代に仕事で使用していた車なのかによっても計算方法が違います。

 

プライベートで使用していた車の減価償却方法はコチラにありますが、
ちょっとややこしいので簡単な方法としては次に説明する②で車の価値を算出する方がおススメです!

個人事業主時代に仕事で使用していた車なら、恐らく減価償却して確定申告で計算しているかと
思いますので、その計算方法で車を会社へ売却した時まで行えば大丈夫です。

 

②売却時の車の走行距離等を元に中古車販売サイトを見て同価値の車の価値を算出

車は中古車市場が育っており、中古車の販売価格が簡単に分かるようになっています。

今使用している車の走行距離、経過年数、車種等をもとに現在購入するとしたらどうなるのか、

という価値を算出してその価値を売却価格としましょう。

もしご自身の車の価格に幅があるのならば、平均値をとるのが良いでしょう。

これなら、とっても簡単です!

 

個人名義の車を会社へ賃貸

名義変更するのは手続きなどが面倒だ!

と思うならば個人名義のままで会社へ車を賃貸し、会社に賃借料として経費をつけることもできます。

 

賃借料はいくらにすればよいでしょうか。

 

賃借料はその車を維持するために年間かかった費用を月割りした金額くらいが妥当でしょう。

その年間かかった費用は自動車税、車検、自動車保険などです。

(ガソリン代は次の項目で記載しますが、経費精算して実費負担を会社にさせるか、

個人としての経費に入れるかのどちらかを選択です)

また、その費用に減価償却費を入れるのを忘れないようにしましょう。金額は結構多いです。

 

1点注意しておくことは、主要な株主が自分又は自分の家族である会社に対して

社長が車などの資産を貸して賃料を得た場合、どんなに少ない金額でも確定申告が必要となります。。

自分が主要な株主であるときはなんでもできてしまうので、その予防的措置となっています。。。

計算はそんなに難しいわけではないですが、ちょっと面倒ですよね。。。

 

会社に貸す場合は賃貸借契約書を結ぶと安全です。

賃貸借契約書は簡単なものでOKですので、これも検索してひな形を加工して使いましょう!

 

 

ガソリン代はどうするの?

ガソリン代、高速代については会社に車を売却、会社に車を賃貸のどちらも行わなくて、

仕事で使っている分があるなら経費精算をすることにより、経費にすることができます。

 

売却、賃貸ともに面倒だ。。。

 

と感じるならば、最低限ガソリン代、高速代について仕事で使った分は

経費精算しましょう。

3,000円のガソリン代を経費精算しないのは、約1,000円を捨てているのと同じです!
(税率30%と簡易計算)

レシートを捨てることはありますが、1,000円は捨てないですよね?

塵も積もれば山となります。

節税対策の基本は、経費をちゃんと拾いきることです! 無駄にしないようにしましょう。

 

【編集後記】

台風が来るので一日家に引きこもりで、明日の仕事の準備をしていました。

お客様へ提供する資料は終わりがないので止め時が難しいです。。。

寒いのでこれから夕飯にチーズフォンデュと納豆を食べます。

変な組み合わせ笑

納豆は昨日茨城の物産展に行ったので買ってきました! 楽しみです。

 

 

記事を最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のマークをクリックお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

ピックアップ記事

  1. 一歩先へと踏み出す覚悟をつくる3つの方法〜自分の進みたい方向にいくには〜
  2. お客様を逆にファンにさせる、支店責任者が語る謝罪の4つのコツ
  3. 元銀行員がダメ出しする。消費者金融から借りてはいけない3つの理由
  4. 法人営業10年以上の営業マンが語る。お客様の本音をひきだす3つの力
  5. 税務調査きますよ、これではベスト3!税理士が語る確定申告はここに気をつけろ!

関連記事

  1. お客様紹介

    意識していること

    紹介料を先に知らせておく3つのメリットはこれです

    お客様をふやすためあなたはどんなことをしていますか?日々いろいろなこと…

  2. お金返却

    確定申告

    確定申告書で還付金がでたら気をつけたい3つのポイント

    確定申告がそろそろ終わりホッとひといきしたころですか? それともあと2…

  3. 確定申告

    節税対策は第一歩!積み重ねが大切なんです

    年が明け個人で確定申告をする人もそろそろ準備をしてきているころかと。…

  4. 売上ずれ

    税金

    税務調査の豆知識!こういったことには気を付けよう!

    前の記事で税務調査について書いたので、その…

  5. 調査
  6. 税金

    え?まだやっていないの?1年で最大480万円。節税策としての経営セーフティ共済

    事業が安定をしてきて売上、利益が十分でるようになったときに悩むことのひ…

最近の記事

今日の注目記事

  1. 消費者金融
  2. 色紙
  3. トライアンドエラー
  4. ガイドブック
  5. とまれ
  1. 北区花火会

    日常

    見ごたえ抜群!エンターテイメント性が高い東京北区花火会!!
  2. TOP画面2

    意識していること

    人の育て方のコツ その人の5年、10年、20年先を考えていますか?
  3. 青色承認申請

    確定申告

    確定申告をきっかけに青色事業者にチャレンジしてお得に!
  4. チラシ

    借り入れ

    利息、保証料なしで銀行から借り入れができる!? 創業の融資は準備をすることがなに…
  5. 借り入れ

    日本政策金融公庫の「中小企業経営力強化資金」まだ使ったことがないの?とてもお得な…
PAGE TOP