意識していること

自動運転から見た税理士業の将来性

昨日、税理士で独立した方と飲みに行ってきました。

そのとき、ふと話が出たのが、

「自動運転から見た税理士業の将来性」です。

急に言われてもなんじゃそりゃ、、、って感じですよね。

 

話の流れとしてはこうです。

自動運転はとても便利。

前の車を自動追尾するし、前の車が止まれば、自分の車も止まる。自分はハンドルを握っているだけで、何もしなくて良い。

本当に楽ですよね。

だけど、前の人が車を予期せぬタイミングで止めたり、

車の前に人が急に飛び出してきてしまうと機械では対応できず、自動運転が進まないのではないか。

(事故の責任問題という法的理由もありますけどね)

 

人がいる、介在するからこそ、機械では読み切れない部分があり、世の中の完全機械化は難しい。

(人=イレギュラーな存在)

逆に、イレギュラーが発生しない自動運転の車だけが通る高速道路であれば、

自動運転はすぐに導入できそうです。(動物が飛び出てこなければ、、、)

 

 

税理士業の将来性も似ているところがあるのかなーと。

クラウド会計が税理士業を奪うって良く言われています。

記帳代行もメイン業務と考えている税理士事務所や、ITについていけない税理士事務所などは時代の流れについていけず、仕事がなくなることでしょう。

でも、人と人とのコミュニケーションはイレギュラーがつきものです。

話している人が次は何を話してくるかなんて、完璧には分かりません。

そこはまだまだ人として、税理士として、やり方次第ではいくらでも仕事があるんだと思います。

(エストニアのように税理士が不要になったといわれる場合でも、その人に合うように分かりやすく

説明するニーズ、将来を見据えて、経営者と二人三脚で会社を発展させていこうとする

役割はなくならないだろうと)

 

ボタンひとつで決算書ができ、納税までできる時代が来るかもしれません。それも思ったより早く。

時代時代に合った税理士として、いや、経営者と一緒になってその会社のために

全力を尽くす人として、仕事をしていきたいです。

そういう仕事はなくならないと思うので、クラウド会計やその他のIT技術、ドンとこいです。

逆にそういった新技術は好きなので、ワクワクさせてくれるような新技術を楽しみに待っています。

 

 

記事を最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

ピックアップ記事

  1. ビジョンをもって成長を加速させる! 半年のチャレンジ!
  2. え?この規定使っていないの?節税ができるか、30万円以上の設備投資をするならいま…
  3. 一度断られた借り入れの申し込みはこうして再チャレンジするべし!
  4. 無形のサービスを有形化して価値を出す
  5. 消費税を遅れないように払う方法 消費税が安くなる方法もすこし考えてみた

関連記事

  1. TOP画面2

    意識していること

    人の育て方のコツ その人の5年、10年、20年先を考えていますか?

    横浜事務所のメンバーは20人弱います。人数が増えれ…

  2. お客様紹介

    意識していること

    紹介料を先に知らせておく3つのメリットはこれです

    お客様をふやすためあなたはどんなことをしていますか?日々いろいろなこと…

  3. イケメン
  4. コミュニケーション

    社員教育としてMG(マネジメントゲーム)をこういう意図で利用してみると良い

    せんじつマネジメントゲーム(以下、MG)に参加しました。MGと…

  5. スイッチ

    意識していること

    税理士試験合格のコツ!スイッチを切り替えるように試験勉強戦闘モードになる

    いまの時期会計事務所につとめていると繁忙期のため勉強する時間がない人も…

  6. セキュリティ

    意識していること

    他人事から自分事。新サービスを売るための考え方!〜ツタヤのセキュリティキーからの得たもの〜

    ツタヤにDVDを借りに行きました。いつまにかツタヤも有人レジがなくなり…

最近の記事

  1. ケーキ
  2. サービス
  3. 行列
  4. 青色白色

今日の注目記事

  1. チェックポイント
  2. 謝る
  3. 物件情報
  4. 横浜駅通路
  1. お金返却

    確定申告

    確定申告書で還付金がでたら気をつけたい3つのポイント
  2. チェック

    決算書

    元銀行員税理士が語る決算書はまずここをチェックして!
  3. 借り入れ

    借り入れを考える際あなたのお金を貸すとしたらという視点が大切
  4. コミュニケーション

    お客様がなにをもとめているのか。マーケットインで探し、プロダクトアウトであなたが…
  5. 意識していること

    ひと味違うを目指す覚悟〜この変化の早い時代のサバイバル術〜
PAGE TOP