借り入れ

2社目も会社の社長になってしまうと借り入れができなくなるかもしれませんよ

会社を1社だけではなく2社会社をもちたいと考えることがあるかもしれません。

 

それは人によって理由はいろいろですが、

よく聞く理由としては

「1社目の業種とまったく違うので分かりやすくわけたい」

「別の人と共同で経営するため別の会社を作りたい」

といったものがあります。

 

2社目を作るにあたりその2社目も社長となると

注意しなければならないことがあります。

 

それは借り入れについてできなくなってしまうか、不利になってしまう

可能性があるからです。

 

それはどういうことでしょうか。

 

2社目以降

 

基本はそれぞれの会社単体でみる

ふつうは1社目と2社目は別の会社なので

借り入れの審査についてもそれぞれ別の会社と扱われます。

 

それはそうですよね。

決算もそれぞれ別の申告をしますし、会社の本店住所も違うこともじゅうぶんあります。

 

決算も別だと銀行内の格付けもそれぞれの会社で取得することとなります。

格付けが別となるとその会社に対するお金を貸す限度額であったり

金利の水準であったりも違ってくるのが当然です。

 

しかし銀行によっては社長が一緒の会社をすべて同じグループ会社

であるとみてお金を貸すかどうかの判断をする場合があるのです。

(たとえグループ会社だと社長が思っていなかったとしても)

 

借り入れの枠をまとめてみる場合もある

同じグループ会社としてみるときに銀行内部での用語として

1社目と2社目を「実質同一会社」といいます。

 

社長がいっしょならばたとえ業種や住所、役員構成などが違ったとしても

同じ会社であるとみて借り入れの枠を決めるのです。

 

そんなむちゃくちゃな。。。

と感じるかもしれませんが銀行としての考え方はこうです。

 

社長なら一方の会社の業績が悪くなれば社長は私財をなげうつかもしれない

そうするともう一方の会社の返済が滞ったときに返済能力がなくなってしまう。

 

また業績が良い会社から業績が悪い会社へお金が流れてしまって

業績が良い会社の運転資金として貸したのに業績が悪い会社の支援のための

お金となってしまい資金使途が変わってしまう。

最悪の場合、両方とも資金繰りが悪化し共倒れになってしまうかもしれない。

 

そんなことを銀行員は考えるため2社別々の会社であっても

同一である1社として考えてお金を貸すかどうかの判断をするのです。

 

まとめてみられないためには

せっかく作った2社目の会社を1社目と同一会社であると見られてしまうと

あなたは思ったような借り入れができなくなってしまい

2社目を作った意味がなくなるかもしれません。

 

また共同経営のために会社を作った場合、共同経営者に迷惑をかけてしまう

ことも考えられます。

 

まとめてみられないためにはどうすれば良いのでしょうか。

 

社長とならない

まずはそもそも2社目の社長とならない、ということが考えられます。

日本政策金融公庫や特定の銀行は社長であるということだけで

1社目と2社目は同一の会社であると判断してきます。

 

そこで社長ではなくヒラの取締役であったり、社員であったり、

または株主だけの存在であることによりまとめてみられることを防ぐことができます。

 

株主として2/3以上の議決権をもっていれば2社目の会社の重要な決め事を

ひとりで決めることができるため実質的な経営権をもつことができます。

 

社長もすぐに第三者から自分に変更することも可能です。

 

しかし銀行によっては実質的な経営権をもっていることにより

社長となっていないだけで実質同一の会社であるという判断をする可能性があるため

注意をしてください。

 

違う銀行から借りる

実質同一であると判断され借り入れの枠が減ってしまうのは

1社目と2社目が同じ銀行で借り入れをしているからになります。

 

ということは1社目と2社目の借り入れをする銀行を変えることにより

実質同一であると判断されることを防ぐことができます。

 

もちろん1社目と同じの方がすでに銀行が状況を知っているため

面倒な手続きをふまず借り入れができるかもしれませんが

まとめてみられることもデメリットのひとつではあるのでどちらが良いかを

判断する必要があります。

 

また違う銀行だとしても1社目が保証協会付きの借り入れで

2社目も保証協会付きの借り入れになると両方とも保証協会が見て

お金を保証できるか(貸せるか)を判断するため違う銀行にする意味がありません。

注意した方が良いです。

 

取引している銀行に相談する

直接銀行の方針を聞いてみることもひとつの手ではあります。

 

もし銀行の方針を聞いてみてその方法だと実質同一として見てしまうので

借り入れの枠が減ってしまうといわれたときに

1つ目の社長にならないという方法と、2つ目の違う銀行から借りるという方法を

検討しても良いでしょう。

 

実質同一で見てしまうなら違う銀行から借りることとなるよ!

と銀行の担当者に伝えるとあなたの会社の業績によっては

銀行が離したくない会社のため実質同一の会社とみなされてみ

借り入れの枠を増やしてくれるかもしれません。

 

【編集後記】

この時期になると駆け込みの個人の確定申告のご依頼やご相談が

増えてきますね。

 

それだけではなく法人の駆け込み決算のご依頼も

何件か受けているので時間を調整して取り組まなければなりません。

 

でも駆け込みの決算だとじゅうぶんな節税ができないので

駆け込みではなく時間に余裕をもってご依頼、ご相談することをオススメします!

ピックアップ記事

  1. あなたでも明日からできる税務調査対策!親切になりすぎずいかに時間を稼ぐか
  2. 一歩先へと踏み出す覚悟をつくる3つの方法〜自分の進みたい方向にいくには〜
  3. え?書類ってこんなに保存しなきゃいけないの…大変!捨ててしまうとこんなにソンに!…
  4. ビジョンをもって成長を加速させる! 半年のチャレンジ!
  5. 社長のためのスピード仕事術 いかに仕事を早く手放すかを意識する

関連記事

  1. 整合性

    借り入れ

    事業計画は整合性が大切〜元銀行員がこれだけは伝えたいこと〜

    借り入れの際、事業計画や損益計画をまとめた書類を銀行へ提出することとな…

  2. 仮払金
  3. 借り入れ

    借り入れのコツは営業されること!なのです

    銀行からお金を借りるのが上手な社長がいらっしゃいます。お金を借…

  4. チェックポイント
  5. 物件情報

    借り入れ

    店舗出店の借り入れは物件情報で最速を目指せ!

    飲食店などのお店を出そう!と物件を探し良い物件を見つけたときになんとい…

最近の記事

  1. ケーキ
  2. サービス
  3. 行列
  4. 青色白色

今日の注目記事

  1. 消費者金融
  2. 物件情報
  3. 50秒タイマー
  4. 図書カード
  1. 会話

    コミュニケーション

    何を求めているのか分からない、って悩むときに考える会話の割合
  2. 100周年

    意識していること

    ブログを定期更新する3つのメリットはこれ 〜100記事記念号!〜
  3. 会社設立

    会社の目的を見直していますか?実は借り入れに絡むこともあり意外に重要なんですよ
  4. 老人

    年金

    年金がいつのまにか減る恐怖。。。生涯現役経営者は必須でチェック!
  5. 面接

    営業

    営業は濃さ×回数で決まる! あきらめないで続けることが大切なのです。
PAGE TOP