借り入れ

創業融資では事業経験が大切〜あなたは何をしてきた人ですか?〜

あなたは今まで何をしてきた人ですか?

 

就職活動で良く聞かれる質問ですが

お金をはじめて借りる創業融資においても同じことが聞かれます。

 

もちろんお金を借りる際に重要なことだから聞かれるのですが

なぜ今まで何をしてきたのか(=事業経験)が大切なのでしょうか。

 

履歴書

 

事業経験により事業の成功率が違う

はじめて事業を行おうとする人をいろいろ見てきました。

そのなかで気になるのはこれから行おうとする事業にすこしでも携わった

ことがあるかどうかの事業経験です。

 

というのもやっぱり事業経験がすでにあるかないかで事業の成功率が変わってきます。

 

脱サラで今まで行なっていた仕事とまったく違うことをやる人も見てきていますが

どうしても失敗している確率が経験がある人にくらべ高いです。

 

経験がない人がかならず失敗するというわけではありません。

 

しかし失敗する可能性が高い。

 

なぜでしょう。

 

それは業界の慣習であったり、仕事の進め方が分かっていないということもありますし

その業界の良くある失敗であったり、注意しておいたほうが良いことであったりが分かっていないということもありますし

ただ熟練度がないため仕事の進みが遅いということもあります。

(業界の慣習をとっぱらうことにより勝ち残っている会社に勝てるということもありますが

業界の慣習を分かっていないということと、分かっていてあえてとっぱらうという意味合いは違い

ます)

 

 

ではどのくらいの年数の経験が必要なのでしょうか。

 

一概に○年がなければ借り入れができないというわけではないですが

日本政策金融公庫の新規開業資金の要件のひとつに6年という期間があげられているので

ひとつの目安にはなるでしょう。

(もちろん6年の経験がなくても借り入れができているケースがあるので心配しすぎないで大丈夫ですよ)

 

あなたも仕事を人にお願いするときは今までその仕事をしたことがあるかなどの経験を

重視しますよね?

(特に外注などの業者に対して)

 

それと同じなのです。

 

はじめての借り入れの場合、その事業計画書は机上の空論になりやすいです。

その計画書の数字に真実味をあたえるのがその仕事を行なったことがあるという経験なのです。

 

その仕事を行なったことがある人では簡単に分かることが行なったことがない人ではなかなか分からないこともあります。

それはとくに売り上げよりも経費に多いです。

 

あ、、、こんなにこの項目にお金がかかるのか。。。

という気づきは経験がないと分かりません。

 

経験がない人でも本やネットなどで一生懸命勉強することにより分かるものもありますが

経験がある人も本やネットで勉強していると勝ち目が少なくなります。

 

見せ方も大切なことのひとつ

事業経験があったとしてもただ適当に羅列するのでは弱いです。

 

借り入れをする際の事業計画書は就職活動の履歴書と一緒です。

自分からアピールするのが重要です。

 

何をアピールすれば良いでしょうか。

 

この会社で部長でした! 部下が10人いました!

というものをアピールしても微妙です。

 

 

アピールすることはずばり

 

「以前行なっていた事業経験がこれから行う事業にどう活かせるか!」

 

です。

 

うーん、やっぱり就職活動と同じ感じになりますね笑

 

たとえば部長で部下10人いましたとだけ書くのではなく、

部下が10人いたため人の育て方、組織の作り方を分かっており事業計画通りに

会社の規模を大きくすることができる、と書きアピールします。

 

また会社で若い女性向けの商品についてのマーケティング部にいたため

ニーズをいち早くつかむことができ商品の売り時を逃さない、といったアピールもできるでしょう。

 

要は見せ方次第、書き方次第になります。

 

これから行う事業が計画通りに成功し、借りたお金を返済できるということを強調しましょう。

 

お金を借りる際の事業計画において「どうやって借りたお金を返すか」ということを

しめすのはぜったい行わなければならないことです。

 

こちらにも関係があることを書いているので参考にしてください。

元銀行員税理士が語る。借り入れをするなら、この2つだけは押さえなさい!

 

事業経験がないなら作る

今からでも遅くありません。

経験がないのなら作るのも手です。

 

なにもその業界の会社の正社員になることだけが経験になるというわけではありません。

アルバイトでも経験になりますし、ボランティアでも十分経験と言えます。

 

脱サラで未経験の事業をやりたいのなら平日は今の仕事を続け

休日に未経験の事業のアルバイトをすることもできます。

 

その事業をアルバイトでも行うことにより良い点、悪い点も見えてきますし

もしかしたら実はやってみたら自分が思っていたのと違っていたということもありえます。

 

新しい事業を始めるのは勢いは大切ですがのるかそるかのバクチではありません。

 

準備できるものはちゃんと準備をしましょう。

準備をしてからのほうが回り道のようで実は近道かもしれません。

 

【編集後記】

新年になったため新しいことをやろうと考えている人も多いかと。

 

うちの奥さんもジムに通い始めました笑

ちゃんと続くと嬉しいな。

自分が受けているパーソナルトレーニングを自分のアウトプットの勉強もかねて

少し教えられたらなと思っています。

 

ピックアップ記事

  1. 「必須!」初めての借り入れを考えている人のこれだけは!チェックポイント
  2. 税務調査きますよ、これではベスト3!税理士が語る確定申告はここに気をつけろ!
  3. 一度断られた借り入れの申し込みはこうして再チャレンジするべし!
  4. 社会保険をコストだけとは思わない。メリット、覚悟を決める
  5. 元銀行員がダメ出しする。消費者金融から借りてはいけない3つの理由

関連記事

  1. 2社目以降

    借り入れ

    2社目も会社の社長になってしまうと借り入れができなくなるかもしれませんよ

    会社を1社だけではなく2社会社をもちたいと考えることがあるかもしれませ…

  2. 資金調達

    借り入れ

    いまさら聞けない!創業期から始める資金調達まとめ

    会社を設立した創業から数年間は銀行からの営業が少ないです。&n…

  3. ローン契約書
  4. loan
  5. 借り入れ

    え?1億円で買ったのに1億円の担保の価値がないの?

    1億円の土地と建物といった物件を買うとき、現金でバーン!…

最近の記事

  1. チェックポイント
  2. 炎
  3. 桜
  4. 新年
  5. わらびもち

今日の注目記事

  1. 色紙
  2. 物件情報
  3. 謝る
  4. トライアンドエラー
  1. 不正

    経理

    不正率No1の現金商売!その防ぎ方対策はこれだ!あなたの会社は大丈夫ですか?
  2. 表紙

    謎解きゲーム

    謎解きゲーム「歌舞伎町探偵セブン」の感想とミート屋パスタとの出会い
  3. TOP画面

    謎解きゲーム

    リアル謎解きゲーム「東京タイムゲート」感想と丸の内散策!
  4. コミュニケーション

    固定電話は安心感を買うために必要か。選択肢のひとつとして無料IP電話「IP-Ph…
  5. 借り入れ

    元銀行員が考える 資金繰りに苦労する会社は目先の金利だけ見ているからかもしれませ…
PAGE TOP